next up previous
次へ: Winクライアントのバグとサーバの設定変更 上へ: Proxy設定ファイルの作成 戻る: Proxy設定ファイルの作成

DHCPサーバの設定

DHCPサーバをwpadに対応させるには、下記のような設定を加えます。 (設定ファイルは、以前からのDDNS対応のものを流用してます)
authoritative;       
default-lease-time 600;
max-lease-time 7200;
option wpad-curl code 252 = text; <-----ここを加える
option subnet-mask 255.255.0.0;
option broadcast-address 172.16.255.255;
option routers 172.16.1.1;
option domain-name-servers 172.16.1.2;
option domain-name "honto.info";
ddns-update-style interim;
ddns-hostname = binary-to-ascii (16, 8, "-", substring (hardware, 1, 6));
if substring (hardware, 1, 3) = 00:a0:73 {
        deny booting;
}

key DHCP_UPDATER {
        algorithm HMAC-MD5.SIG-ALG.REG.INT;
        secret RC0VbiOqGGY8qCoQ3uwQow==;
};
zone honto.info. {
        primary 127.0.0.1;
        key DHCP_UPDATER;
}

zone 1.16.172.in-addr.arpa. {
        primary 127.0.0.1;
        key DHCP_UPDATER;
}

subnet 172.16.0.0 netmask 255.255.0.0 {
        range 172.16.1.100 172.16.1.200;
        option wpad-curl "http://lucretia.honto.info/wpad.dat"; <--ここを加える
}
新しく付け加えた
option wpad-curl code 252 = text; 
option wpad-curl "http://lucretia.honto.info/wpad.dat";
の意味ですが、DHCPINFORMを用いてクライアントはProxyの情報を取得しようとします。この時、クライアントは252のコードでProxy情報を取得します。例として、Win2000クライアント上でPacketをキャプチャしてみましょう。

\includegraphics[scale=0.8]{WP_CL2.ps}

このように、DHCPクライアントはDHCPINFORM中のOption 6でDNSサーバ名を、Option 44でNetBIOS Server名を、Option 33でStatic Routeを得ようとします。この中でOption 252はwpad情報を得るわけです。

設定を変えたら、DHCPサーバを再起動します。


平成13年10月13日