next up previous
次へ: DHCPサーバの設定 上へ: 10月勉強会発表レポート 戻る: Apacheの設定

Proxy設定ファイルの作成

次に、Proxy設定ファイルを作成します。Netscapeのサイト
http://home.netscape.com/eng/mozilla/2.0/relnotes/demo/proxy-live.html
に文法と設定例が載っています。今回は、下記のようなファイルを使用しました。
function FindProxyForURL(url, host) {
        if (
                isInNet(myIpAddress(), "172.16.0.0", "255.255.0.0")){
        return "PROXY 172.16.1.1:8080;"}
        else { 
                return "DIRECT;";
        }
}
簡単に説明すると、172.16.0.0ネットワーク上のクライアントからの問い合わせには172.16.1.1:8080というProxy情報を返し、それ以外のクライアントからの問い合わせには「直接Internetに接続する」という情報を返すという事です。このファイルを、/var/www/proxy.pacとしてセーブし、そのファイルにwpad.datのリンクを張っておきます。これで、
http://lucretia.honto.info/wpad.dat
として、アクセスできるようになります。

Subsections

平成13年10月13日