next up previous
次へ: wpadの実装例 上へ: 10月勉強会発表レポート 戻る: ISC DHCP-3.0とwpad,の組合せで、Proxyの自動配布をする

wpadとは

wpadとは、「Web Proxy Auto-Discovery」の略です。これは、WebブラウザのProxy設定を自動化するために開発されたプロトコルで、現在はRFCのドラフトとなっています。



Subsections

平成13年10月13日