next up previous
次へ: この文書について... 上へ: 3月勉強会発表レポート 戻る: Plamo2.1の場合

Kondara2000の場合

ThinkPad365XD+Kondara2000でテストを行います。 Kernelをアップデートするところまでは、前までと同じですが、Kondara2000は ipv6用のツールが最初から入っています。ifconfigを行うと
eth0      Link encap:Ethernet  HWaddr 00:60:97:8A:97:87  
          inet addr:192.168.1.101  Bcast:192.168.1.255  Mask:255.255.255.0
          inet6 addr: fe80::260:97ff:fe8a:9787/10 Scope:Link
lo        Link encap:Local Loopback  
          inet addr:127.0.0.1  Mask:255.0.0.0
          inet6 addr: ::1/128 Scope:Host
当り前ですが、ipv6アドレスはMACアドレスから生成されているので変わっていま せん。前と同様に、ping6で接続を試してみます。
[root@kojirou /root]# ping6 fe80::260:97ff:fe8a:9787
PING fe80::260:97ff:fe8a:9787(fe80::260:97ff:fe8a:9787) 56 data bytes
64 bytes from fe80::260:97ff:fe8a:9787: icmp_seq=0 hops=64 time=267 usec
64 bytes from fe80::260:97ff:fe8a:9787: icmp_seq=1 hops=64 time=225 usec
今度は、大丈夫そうです。VAIOに向けてping6を送ってみます。
PING fe80::210:5aff:fe60:bc42(fe80::210:5aff:fe60:bc42) 56 data bytes
64 bytes from fe80::210:5aff:fe60:bc42: icmp_seq=0 hops=64 time=1.713 msec
64 bytes from fe80::210:5aff:fe60:bc42: icmp_seq=1 hops=64 time=855 usec
64 bytes from fe80::210:5aff:fe60:bc42: icmp_seq=3 hops=64 time=821 usec

--- fe80::210:5aff:fe60:bc42 ping statistics ---
3 packets transmitted, 3 packets received, 0% packet loss
round-trip min/avg/max/mdev = 0.821/1.053/1.713/0.382 ms
となってますので、互いの接続が確認されました。

今回は、ここまでで終りです。次回には、bind9.1.xのインストールと、ipv4/ipv6ルータの設定を行います。


平成13年3月25日