next up previous
次へ: DNSの設定 上へ: DHCPとDNSの連動(DDNS) 戻る: ad-hocとinterimの説明

Updateに必要な共通鍵の生成

DDNSを使うときの安全性確保のために、DHCPサーバとDNSサーバで、更新時に使 用する共通鍵をdns-secgenコマンドを用いて生成します。
dnssec-keygen -a HMAC-MD5 -b 128 -n \
USER DHCP_UPDATER
これで、
KDHCP_UPDATER.+157+25356.key
というファイルが出来ます。中身は
DHCP_UPDATER. IN KEY 0 2 157 \
JexkG1hML7lkheMDM2HTdw==
です。このキーを使用します。

平成13年6月17日