next up previous
次へ: Updateに必要な共通鍵の生成 上へ: DHCPとDNSの連動(DDNS) 戻る: DHCPとDNSの連動(DDNS)

ad-hocとinterimの説明

Ad-hoc:

IETF DHC Working groupで標準化されている標準の最新版方法。ad-hoc DNS updateではクライアントのFQDNは2段階の課程を通って渡される。最初に hostnameが決定され、その後ドメイン名が決定されて、hostnameに追加される。 詳しくは、man dhcpd.confで見て下さい。

Interim:

IETFによって考案され、いずれ標準になると予想されるが、現在は未だStandard にはなっていない。詳しくは、dhcpdの中のdocディレクトリにあるdraftを読ん で下さい。


平成13年6月17日