next up previous
次へ: この文書について... 上へ: 2月勉強会発表レポート 戻る: LPD and the LinuxPrinting.org

CUPS and the LinuxPrinting.org Database

3つ選択肢の中で、CUPSを選んでみましょう。説明があります。

http://www.linuxprinting.org/cups-doc.html

これによると、CUPSのWebSiteに行って説明を読めということです。

http://www.cups.org

あ、CUPSって、「Common Unix Printing System」の略なんですね。downloadの所

http://www.cups.org/software.html

にいって、最新バージョンのCUPS1.1.6を取って来ます。rpmがあるので、それを取って来ます。Documentationを

http://www.cups.org/documentation.html

で読んでみましょう。lprをアンインストールしてから、入れる必要があるみたい です。 しかし、lprを消そうとしても、依存関係が複雑で(GhostScript系とかね)、簡単に は消せないようです。とりあえず、lprなどのコマンドをlpr.old等と置き換えて、 無理矢理-forceで入れてみました。

どうなってたかは定かでない(覚えてない/ログを取ってない)のですが、依存関係 の問題で、gpr, libppd, lpr を入れ換えてやる必要があります。SRPMを mandrakeの際とから取って来て、リビルドして、インストールしてやります。

ここら辺で、精力を使い果たしました
http://www.linuxprinting.org/newsportal/article.php3?id=233&group=linuxprinting.hp.general
ここにかいてある現象の通りにエラーが出てしまったのですが、何故かマシンを立 ち上げ直して(Windowsじゃあるまいし)ちゃんと動くようです。で、なんとか出 せたのがこれです。

\includegraphics[width=5cm,clip]{sue2.ps}
やっぱり、画質悪いじゃんか

と悪戦苦闘しているときに、ちょうど良いタイミングで、CannonがLinux用の Driverを配ると言う話を聞きました。 Laoxで調べたら、2万円弱で購入できます。こっちにしようかなと 今心が揺らいでいるところです。



平成13年2月18日