next up previous
次へ: 各種設定ファイルの変更 上へ: RedHat Linux 7.2シリアルコンソール用設定 戻る: 起動用FDの作成

カーネルの再構築

シリアルポートをコンソールとして使用するために、カーネルを再構築します。下記の部分を選択します。
Character devices  --->
                 [*]   Support for console on serial port
saveして、いつものようにカーネルを再コンパイルしてインストールします。
#make dep ; make clean ; make bzImage
#cp /usr/src/linux-2.4/arch/i386/boot/vmlinuz /boot/vmlinuz-2.4.17
#cp /usr/src/linux-2.4/System.map /boot/System.map-2.4.17
#ln -s /boot/System.map-2.4.17 /boot/System.map
#make modules ; make modules_install (カーネルを新規に入れた場合には、モジュールを作る)
#mkinitrd /boot/initrd-2.4.17.img 2.4.17(initrdが必要な場合には、モジュールを作り直した場合には、intrdも作り直す)
#vi /etc/grub.conf (必要なら、書き換えて新しいカーネルで起動するようにする}
作り直したカーネルで、再起動します。

Kazuki Omo 平成14年11月25日