next up previous
次へ: BIND9のダウンロードとコンパイル 上へ: 4月勉強会発表レポート 戻る: プラグアンドプレイと、アドレスの自動生成

BIND9.xの導入

前回の続きで、IPv6アドレス環境の構築を行ないます。まず、BINDを用いてIPv6アドレスとホスト名を正、逆引き出来るようにします。



Subsections

平成13年4月12日