next up previous
次へ: この文書について... 上へ: BIND9.xの導入 戻る: rndcのテスト

bind-9.1.1のIPv6サポート(失敗)

namedを起動した時の/var/log/messagesを見てみますと、
Apr  5 21:21:49 ammon named[856]: IPv6 structures in kernel and user space do not match.
Apr  5 21:21:49 ammon named[856]: IPv6 support is disabled.
Apr  5 21:21:49 ammon named[856]: no IPv6 interfaces found
となってしまって、IPv6サポートがdisableされてしまっています。

BINDメーリングリストを眺めていたら、これと同じ現象のユーザが居ました。どうやら、glibcのバージョンが古い事(2.4.xとの兼ね合い)が問題らしいです。

手元のkondaraのglibcはglibc-2.1.3-6kですが、glibc-2.1.3-15のユーザは上手くいっているらしいです。ここらあた ここまでで、今月は時間切れです。来月は、この続きを行ないたいと思います。


平成13年4月12日