next up previous
次へ: bind-9.1.1のIPv6サポート(失敗) 上へ: BIND9.xの導入 戻る: named.confの修正

rndcのテスト

以上までの作業で、rndcを使用する事が出来る筈です。テストしてみましょう。まず、/etc/rc.d/init.d/named startで、namedを立ち上げます。

/var/named/db.192.168.1に、次のエントリを付け加えます。

9       IN      PTR     kongou.ipv6world.org.
この時点で、nslookupを実行しても、
[root@ammon named.data]# /usr/local/bin/nslookup 192.168.1.9
Server:         192.168.1.100
Address:        192.168.1.100#53

** server can't find 9.1.168.192.in-addr.arpa.: NXDOMAIN
となって、失敗します。ここで、
/usr/local/bin/rndc reload

とすると、”rndc: reload command successful”となって、

[root@ammon named.data]# /usr/local/bin/nslookup 192.168.1.9
Server:         192.168.1.100
Address:        192.168.1.100#53

9.1.168.192.in-addr.arpa        name = kongou.ipv6world.org.
となり、更新されている事が解ります。現在では、reload,stopなどのコマンドしか実行する事は出来ません。(startや、statusも、出来ないです)

平成13年4月12日