next up previous
次へ: カーネルの封印 上へ: 10月勉強会発表レポート 戻る: lids.net

LFS(LIDS Free Session)

LIDS が有効になっているカーネルで起動しているときには、前章のとおり、 /etc/lids ディレクトリが見えなくなってしまっています。しかし、 LIDS を初期導入しているときや、保護のオプションをためして微調整 したいときなどに、いちいちLIDS を無効にした状態で再起動するので は、手間が掛かってしまいます。

そのようなときには、LIDS Free Session (LFS) を使用することにより、LIDS が有効なカーネルでも、LIDS の設定が可能になります。LFS とは、 LIDS の制限が無いセッションです。LFS を開始するには、lidsadm コ マンドを用いて

lidsadm -S -- -LIDS

と入力します。

--enter password:
パスワードを聞いてくるので、lidstoolsをインストールした際に入力した(あるいは、手動でlidsconf -P コマ ンドを用いて設定した)パスワードを入力します。



Kazuki Omo 平成15年9月28日