next up previous
次へ: LIDSの設定ファイル 上へ: 10月勉強会発表レポート 戻る: 前回のおさらい

LIDS の起動

前回パッチを当てて作成したカーネルで立ち上げると、自動的にLIDS が有効に なります(後で述べるように、封印はされていませんが)。 LIDS のカーネルで起動した後に、設定を変更したい場合には、後で述べるLFS を使用するか、lilo プロンプトなどで

 lilo: linux security=0
のオプションを付けて起動してください。



Kazuki Omo 平成15年9月28日