next up previous
次へ: LIDS 設定ファイルの再読み込み 上へ: LIDS の管理および設定コマンド 戻る: LIDS ACLの表示

LIDS ACL について

LIDS ACLには、

の二つがあります。

また、ACL を設定するときには、前章で述べたとおり二つの要素

があります。

例1

lfs# lidsconf -A -o /var/log/messages APPEND

上の例では、/var/log/messages というファイルにたいして、読み取りと追加がで きるようにしています。

例2

lfs# lidsconf -A -s /usr/sbin/httpd -o CAP_NET_BIND_SERVICE -j GRANT

上の例では、Apache のプロセス(httpd )に、CAP_NET_BIND_SERVICE の権限をあ たえています。

これらの書式は、ipchains/iptables の設定になれている人であれば、書式が似 ているので理解しやすいと思います。


Kazuki Omo 平成15年9月28日