next up previous
次へ: 動作テスト 上へ: PowerPath の説明 戻る: インストール

Deviceの確認

PowerPathの動作を追っていきます。 再構築したカーネルでブートします。
scsi0 : QLogic QLA2300 PCI to Fibre Channel Host Adapter: 
	bus 0 device 14 irq 17

        Firmware version:  3.01.11, Driver version 4.47.16

scsi1 : QLogic QLA2300 PCI to Fibre Channel Host Adapter: 
	bus 0 device 16 irq 19

        Firmware version:  3.01.11, Driver version 4.47.16

  Vendor: EMC       Model: SYMMETRIX         Rev: 5567
  Type:   Direct-Access                      ANSI SCSI revision: 02
SCSI device sdb: 20736000 512-byte hdwr sectors (10617 MB)
 sdb: unknown partition table
SCSI device sdc: 20736000 512-byte hdwr sectors (10617 MB)
 sdc: unknown partition table
SCSI device sdj: 20736000 512-byte hdwr sectors (10617 MB)
 sdj: unknown partition table
SCSI device sdk: 20736000 512-byte hdwr sectors (10617 MB)
 sdk: unknown partition table
上記で、sdbとsdj、sdcとsdkは同じディスクを指しています。 PowerPathに含まれるコマンド「powermt」コマンドを使用すると、図4では、(/dev/sdb, /dev/sdj)の仮想デバイス (Psuedo name)としてemcpowerbが、(/dev/sdc, /dev/sdk)の仮想デバイスとしてemcpowercが見えます。 実際に/dev以下を見てみると、図5のように、emcpower*が見えます。

図 4: 上方にPsuedo nameとしてemcpowerbが見える
\includegraphics[width=5cm,clip]{dev_2.ps}

図 5: ls /devの結果
\includegraphics[width=5cm,clip]{dev_1.ps}

この仮想デバイス/dev/emcpowerbなどをマウントして使用します。

Kazuki Omo 平成14年11月18日